PR
beruote

バイク歴30年以上のバイク系メディアのWEBライター。
車、バイク、キャンプが大好き。
過去にバイクで年越宗谷、ベトナム縦断、台湾一周、日本一周を経験。
バイクや車、旅に関する事を書いています。

beruoteをフォローする

【衝撃】あの車が1位!?買って後悔した車ランキング

バイク
記事内に広告が含まれています。
ベル
ベル

こんにちは車大好きなベルです!

新車購入は人生の中でも大きな買い物の一つです。

しかし、せっかく購入した車が自分のライフスタイルに合わなかったり、燃費が悪かったり、故障が多かったりして、後悔してしまうケースも少なくありません。

このブログ記事では、実際に購入者が後悔した車ランキングを紹介し、後悔しない車選びのポイントを解説します。ランキング上位には意外な車種もランクインしているので、新車購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

この記事はこんな人向け

  • 車を購入する際に、失敗したくない人
  • 車を購入する際に、どのような車を選べばいいか迷っている人
  • 車を購入する際に、買ってはいけない車を知りたい人

\クリックで愛車の無料査定をしてみる/

スポンサーリンク

買ってはいけない?購入後に後悔した車ランキング

車を購入することは、人生の中でも大きな買い物の一つです。しかし、せっかく購入した車に後悔してしまうケースも少なくありません。そこで今回は、購入後に後悔した車ランキングと、後悔しない車選びのためのポイントをご紹介します。

超高級車!1位レクサスLS

レクサスLSは、高級車としての性能は非常に優れていますが、維持費の高さ、取り回しの悪さ、使い勝手の悪さなど、購入前に考慮すべき点も多く存在します。結果として、ライフスタイルに合わない車を購入してしまうと後悔することになる可能性があります。

1. 維持費の高さ

レクサスLSは新車価格1000万円を超える高級車です。そのため、自動車税、駐車場代、保険料など、あらゆる費用が想像以上に高額になります。特に燃費の悪さは深刻で、街乗りでは7km/L程度しか走らない場合があります。

2. 取り回しの悪さ

全長5mを超える大型セダンであるLSは、街乗りには不向きです。狭い路地や駐車場では、常に気を遣い、運転にストレスを感じることがあります。また、駐車技術に自信がない方には、縦列駐車は非常に困難になる可能性があります。

3. 使い勝手の悪さ

高級車ゆえに、機能や装備は充実していますが、その分操作が複雑です。特にカーナビやオーディオシステムは使い慣れるまでに時間がかかり、未だに全ての機能を使いこなせていないユーザーも多いようです。また、荷室は広くなく、家族旅行など荷物が多い場合は不便を感じる場合があります。

ベル
ベル

レクサスLSは、間違いなく素晴らしい車です。しかし、誰にとっても最適な車とは限らないのかもしれませんね。

後悔しているも多い?2位トヨタルーミー

トヨタ ルーミーは、コンパクトながら広々とした室内空間と使い勝手の良さで人気のコンパクトトールワゴンです。しかし、購入後に後悔してしまうケースも少なくありません。ルーミー購入後に後悔する理由と、後悔しない車選びのためのポイントをご紹介します。

1. 燃費が悪い

ルーミーの燃費は、WLTCモードで13.6~17.2km/Lとなっています。しかし、実燃費はカタログ燃費よりも低く、街乗りでは10km/Lを切る場合もあります。燃費が悪いと、ガソリン代が高騰し、維持費が大きな負担となります。

2. 加速性能が弱い

ルーミーは、1.0Lと1.5Lのエンジンを搭載しています。特に、1.0Lエンジンは加速性能が弱く、高速道路や坂道ではストレスを感じる場合があります。

3. 安全装備が少ない

ルーミーは、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能などの安全装備を搭載していますが、先進運転支援システム(ADAS)はオプション装備となっています。安全装備が充実していない車は、事故リスクが高くなります。

4. 収納が少ない

ルーミーは、室内空間が広い一方で、収納が少ないという声があります。特に、小物収納が少ないため、車内が散らかりやすいというデメリットがあります。

5. 見た目が安っぽい

ルーミーは、シンプルなデザインを採用していますが、その一方で、見た目が安っぽいという声もあります。見た目が重要な方には、物足りないと感じるかもしれません。

SUVが人気だけどちょっとまって!3位マツダCX-60

マツダ CX-60は、2022年4月に発売されたSUVです。スタイリッシュなデザイン、上質な乗り心地、先進技術を搭載した車として注目を集めていますが、購入後に後悔したという声も少なくありません。

ベル
ベル

ここでは、CX-60購入後に後悔する理由をご紹介します。

  1. 乗り心地の硬さ
    CX-60は、特にプラグインハイブリッドモデル(CX-60 PHEV)において、乗り心地が非常に硬いと感じられます。道路のうねりや継ぎ目を拾い、振動が伝わりやすいため、長距離運転時に不快に感じることがあります。
  2. トルコンレスATの劣悪性
    CX-60のトルクコンバーターを用いない8速ATは、一部のユーザーから劣悪と評されています。シフトチェンジのタイミングが気になり、運転の快適性に影響を与えています。
  3. 価格と競合車種との比較
    CX-60は高級路線を狙った車種であり、価格もそれに見合ったものです。しかし、その価格に対する満足度が低いと感じるユーザーもいます。競合車種と比較して、CX-60の性能や装備に対するコストパフォーマンスが不十分と感じる人々がいます。

\クリックで愛車の無料査定をしてみる/

買ってはいけない高級ミニバン?4位トヨタアルファード

ベル
ベル

トヨタ アルファードは、高級ミニバンとして人気がありますが、一部のオーナーは購入後に後悔することがあります。以下に、後悔した人々が指摘している理由を紹介します。

  1. 車両価格の高さ
    アルファードは高級車であり、ハイエンドモデルは775万円、エントリーモデルでも540万円以上という価格帯です。他のミニバンと比較すると、アルファードよりもっと安い車種がたくさんあります。経済的な観点から見ると、高額なローン返済や維持費に悩むことがあるかもしれません。
  2. 維持費の高さ
    アルファードの維持費は高額です。ガソリン代や自動車税がかかります。特に燃費が悪く、ガソリン代が他のミニバンと比較して高いことがあります。通勤メインで使用する場合、燃費の問題は長期間にわたって影響します。
  3. 他人との被りやすさ
    アルファードは人気があり、他のオーナーと被る頻度が高いです。ステータス性を求める人には良いかもしれませんが、他人と同じ車に乗ることに嫌気がさすこともあるようです。
  4. ボディサイズの大きさ
    アルファードは大型車であり、運転が難しいと感じる人もいます。特に駐車場所が限られた場所での駐車は難しいでしょう。

リアシートが狭い!5位トヨタヤリス

ベル
ベル

トヨタ ヤリスは、多くの人々に愛されているコンパクトカーですが、一部のオーナーは購入後にいくつかの欠点を指摘しています。以下に、ヤリスの購入を後悔する理由をいくつか紹介します。

  1. 室内が狭い
    ヤリスの室内はボディサイズに比べて狭く感じられることがあります。特に後部座席は狭く、3人以上での長時間の乗車には不向きです。
  2. 後方の視界が悪い
    リヤガラスが小さく、後部の視界が制限されています。アラウンドビューモニターやバックモニターなどの補助機能を活用することで改善できるかもしれません。
  3. エンジンの音がうるさい
    特に1.5Lガソリンエンジンのモデルではエンジン音が気になるとの声があります。
  4. 価格が高い
    ヤリスの価格は10万円から20万円程度高くなっており、他の車種と比較すると高めです。

買ってはいけないハイブリッド車?6位トヨタプリウス

ベル
ベル

トヨタ プリウスは、燃費の良さと環境への配慮から多くの人々に支持されていますが、一部のオーナーは購入後にいくつかの欠点を指摘しています。以下に、プリウスの購入を後悔する理由をいくつか紹介します。

  1. 頭上の圧迫感
    新型プリウスは流線形のデザインを採用しており、頭上のスペースが狭く感じられることがあります。特に高身長の方は乗り降りの際に頭をぶつけることがあるかもしれません。
  2. メーターの見づらさ
    メーターの液晶が7インチとコンパクトで、一部のドライバーはステアリングとメーターが重なって見づらいと感じています。
  3. タイヤのロードノイズ
    標準装備の19インチタイヤは高速道路や直進の道でロードノイズが目立ちやすいです。ただし、音の感じ方は個人差があります。
  4. 価格
    エントリーモデルのGグレードでもオプションを付けると400万円を超えることがあり、Zグレードでは430~450万円程度になります。コストパフォーマンスに不満を感じる声もあります。

新型だけどダサい?7位トヨタクラウンクロスオーバー

ベル
ベル

トヨタ クラウン クロスオーバーは、スタイリッシュな外観と先進的な技術を備えたSUVとして注目されていますが、一部のオーナーは購入後にいくつかの欠点を指摘しています。以下に、クラウン クロスオーバーの購入を後悔する理由をさらに詳しく説明します。

  1. 価格の高さ
    クラウン クロスオーバーは、470万円から710万円という高額な価格帯に位置しています。これは多くの人々にとってハードルが高い金額であり、予算を考慮する際に注意が必要です。
  2. 燃費の悪さ
    特にターボモデルは燃費が悪く、WLTCモードで12.6km/Lとなっています。都市部での使用では10km/Lを切ることもあり、燃料代が高騰すると維持費が大きな負担となります。
  3. 取り回しの難しさ
    クラウン クロスオーバーは全長4930mmと大型の車両です。狭い路地や駐車場での取り回しが難しく、運転時にストレスを感じることがあるかもしれません。
  4. 後席の狭さ
    足元空間が広くないため、大人4人が乗車すると窮屈に感じることがあります。長時間のドライブや家族での移動を考える際には注意が必要です。
  5. 荷室の狭さ
    ゲージスペース容量が487Lと、同クラスのSUVと比較するとやや狭めです。大きな荷物を積む際には不便を感じることがあるかもしれません。

車を買って後悔しないために気をつける事

ベル
ベル

車を購入する際に後悔しないためには、以下のポイントに注意することが大切です。

項目内容
予算車両価格だけでなく、税金、保険料、駐車場代、燃料費、メンテナンス費用などを考慮した上で、無理のない予算を明確にする
試乗カタログや口コミだけで車を選んではいけない。必ず試乗して、実際に乗り心地や使い勝手を確認する
競合車気になる車種が決まったら、競合車と比較検討する。価格、燃費、性能、デザインなどを比較することで、自分に最適な車を選ぶことができる
納期人気の車種は、納期が長くなる場合がある。購入前に納期を確認しておく
オプションオプション装備は、後から取り付けることもできる。本当に必要なオプションだけを選ぶ
中古車新車にこだわりがない場合は、中古車も検討する。中古車は、新車よりも安く購入することができる
家族・友人購入する前に、家族や友人と相談する。客観的な意見を聞くことで、後悔を防ぐことができる
長期的な視点車は、数年乗るもの。購入前に、自分のライフスタイルやニーズをよく考えて、長く乗れる車を選ぶ
トラブル購入後、故障やトラブルが発生する可能性がある。購入前に、保証内容や修理費用などを確認しておく
焦らない車は、高額な買い物。焦らずじっくり検討して、後悔しない車を選ぶ

買って後悔してしまった場合はMOTAで買い取ってもらって乗り換えも考えよう!

ベル
ベル

新車を購入したはずなのに、すぐに後悔してしまうことは少なくありません。

  • 思っていたより燃費が悪かった
  • 想像以上に乗り心地が悪かった
  • ライフスタイルに合わなかった

このような後悔を抱えたまま、車を乗り続けるのはストレスですよね。

しかし、MOTAがあれば、そんな後悔も解消できます。MOTAは、車を売りたい人と買いたい人を繋ぐプラットフォーム。

出典 MOTA
ベル
ベル

最大20社からの査定結果を翌日18時にネットで見られる、新しいカタチの車買取一括査定サービスです。

■ サービスの特長

  • 申込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる
  • ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店がすぐにわかる
  • 高額査定の3社のみのやりとりだけでOK
  • 多数の買取店からの電話ラッシュがない

査定額に納得が行かない時はキャンセルすれば大丈夫ですよ!時間がたつと査定額はどんどん下がっていくのでまずは査定だけでもしてみませんか?

\クリックで愛車の無料査定をしてみる/

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました