beruote

車、バイク、キャンプ好きのおじさん。
過去にバイクでベトナムや台湾を縦断したりしました。
2021年に仕事を辞めて日本一周完了。
車とバイクに関する事を書いています。

beruoteをフォローする

費用はどれぐらい?どんなサービス?テレマティクス型保険の事

クルマ

ベル
ベル

こんにちは!ベルです。

最近、ドライブレコーダー連動型保険とかテレマティクス保険と言う言葉を耳にしませんか?

簡単に言うと保険屋さんから提供されるドライブレコーダーを自車に取り付ける事で万が一の事故が発生した際に、瞬時に保険屋さんに繋がり色んな事をサポートしてくれるサービスの事です。

以下ではそんなドライブレコーダー連動型保険(テレマティクス保険)の特徴(主にあいおいニッセイ同和損害保険の商品)について書いていきたいと思います。

テレマティクスとは?

テレマティクス(英: Telematics)とは、移動体に移動体通信システムを利用してサービスを提供することの総称。テレマティクスサービス(英: Telematics Service)とも呼ぶ。テレコミュニケーション(Telecommunication=電気通信)とインフォマティクス(Informatics=情報処理)から作られた造語である。日本においては、「自動車、輸送車両などへの情報提供サービス」の意味で用いられることもある[1]。運転手が欲する情報をCD-ROMやDVDといった車載の記録媒体から取得するのではなく、双方向通信によって情報提供者から車に情報を送信すると共に、車からも走行情報などを送信する。自動車向けであることを強調する場合は自動車向けテレマティクス(カーテレマティクス)と呼ぶこともある

Wikipediaより

簡単に言うとカーナビゲーションがテレマティクスサービスですね。

通信によって自分の位置情報を送ったり、情報を受け取ったりしているのがテレマティクスです。

ベル
ベル

スマホに「もうすぐ貴方のいる場所で大雨が降ります」と表示されることがあるけどコレもテレマティクスの一つだね。

テレマティクス型保険の特徴とは?

先程は「テレマティクス」について触れましたが次にテレマティクス型保険の特徴について書いて行きます。

運転の仕方に応じて保険料の割引が決まる

保険屋さんから提供されているドライブレコーダーはGPSと繋がっています。

つまり、普段からスピード違反をしているか?急ブレーキや急発進を慢性的にしていないか?等、運転者の特性を見てくれているのです。

危険な運転ばかりしている人には割引がありませんが、丁寧な運転をしている人には4%~8%等の割引が適応されます。

それらは専用アプリで確認することが出来るので、評価される事が楽しいと思えるようになるかもしれませんね。

丁寧な運転をしていれば割引を受けれる。
保険の割引率が20等級に到達していて「もっと安くならないのかな?」と思ってる人にはピッタリかも!

事故時の状況が瞬時に保険屋さんに届く

ドライブレコーダーが大きな衝撃などを受けて事故と判断した場合、その時の位置、速度、時間等が自動で保険屋さんに送信されます。

今までは事故を起こした際に、まず安全な場所に停車し携帯電話で警察や救急に電話 → 事故相手とのやり取り → 警察への状況説明。そういった面倒な事を行う必要がありました。

テレマティクス保険の場合は保険屋さんが事故相手とのやり取りを変わりに電話でやってくれますし、修理工場への連絡、修理の手配なども即時に行われる仕組みになっています

あいおいニッセイ同和損害保険の場合では夜間や休日でも対応してもらえ、しかも事故相手との示談交渉までやってくれるのです。

ベル
ベル

事故を起こした時には恐らく混乱していると思います。
自動で事故情報を保険屋さんに送信してくれたりするのは助かりますね。

ドライブレコーダーが運転を見守ってくれる

保険屋さんから提供されたドライブレコーダーには様々な機能が付いています。

普段の運転で大きく速度超過をしている場合には「スピードが出てます」と、急加速や急ブレーキについても「急ブレーキが多いですよ」と警告してくれるシステムも備わっています。

今後、ドライブレコーダーはどんどん進化していくのでこれらの機能はもっと増えていくかもしれませんね。

次に事故を検知した場合、ドライブレコーダーとオペレーターが自動で繋がり「大丈夫ですか?」と安否確認をしてくれます。

また、所有者の家族などの情報も登録しておけば、事故を起こしたとの情報が家族にメールが行くようにすることも可能。

ベル
ベル

免許を取り立てのお子さん等がいる場合、この保険をつけると親御さんも安心ですね。

テレマティクス保険の料金は?

テレマティクス型保険の料金ですがあいおいニッセイ同和損害保険の場合だとドライブレコーダーのレンタル費用が月々約500円~1000円程度の料金がかかるだけです。

根本的な保険料は変わりません。

例えば月に650円がかかるとすると年間7800円。

高級なドラレコは新品で5万円以上するものもあります。

例えばコレ↓

それらを買うことを思えばむしろ安いとも思える金額ですし、保険契約中はドラレコは永久に保証されるので万が一の故障でも安心ですよね。

ベル
ベル

高性能のドラレコを買ったと考えれば費用の負担もそんなに気にならないですよね。
また、丁寧な運転をすることで8%などの割引を受けれるので上がった分の保険料は相殺出来る可能性がありますよ。

まとめ

高級なドラレコを付けようと検討されている人は自分でドラレコを買ってつけるよりもテレマティクス型保険を選択するほうが良いかもしれません。

事故を起こした時の安心感が違いますし丁寧な運転をしていると月々のドライブレコーダーのレンタル費用の殆どを相殺出来る可能性があります。

安心のテレマティクス型保険を利用して良いドライブを!

以上ですヽ(=´▽`=)ノ

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました