beruote

車、バイク、キャンプ好きのおじさん。
過去にバイクでベトナムや台湾を縦断したりしました。
2021年に仕事を辞めて日本一周完了。
車とバイクに関する事を書いています。

beruoteをフォローする

都会から田舎へ!移住や転居。自動車はどのタイミングで買うべきなのか?

クルマ
ベル
ベル

こんにちは!ベルです。

今回は転勤や移住先で車が必要になった場合、どのタイミングで車を買うべきかについて書いていきたいと思います。

結論から先に申し上げると「今、住んでいる自宅に空いている駐車場が有るか無いかで変わってくる」です。

それでは行ってみましょう!

スポンサーリンク

移住が決定!いつ車を買う?

都会から車の必要な田舎に移住や転勤などが決まった!

しかし、貴方には車がありません。

次に住む環境を調べてみると車がないと生活が出来ないのは確実なようです。

例えば今、貴方は大阪に住んでいて次は島根に住むとなった場合、どのタイミングで車を買うべきでしょうか?

車を買うタイミング メリット・デメリット

車を移住前に買った場合と移住後に買った場合のメリット・デメリットについて書いていきたいと思います。

1.移住前に車を買う場合のメリットとデメリット

メリット

・移住予定の住居に車を使って何時でも気軽に行けるようになる。

・移住先に転居した時にすぐに自動車を利用できる

デメリット

・今、住んでいる家に空いている駐車場がない場合、移住前から駐車場を契約する必要がある。

・転居先で車の住所変更などをする必要がある。

・転居後に車の整備等をしてくれるお店を探す必要がある。

と、いったところでしょうか。

特に気になるのが自宅に空いている駐車場が無い方は転居前から購入した車を置く為の駐車場を契約する必要がある

これについては費用も時間もかかるため、自宅に空いている駐車場が無い方は移住前に車を買うメリットは殆どなくなってしまうように感じます。

ベル
ベル

自宅に空いている駐車場が有るか無いか。
それで選択肢が大きく変わってくるんだね。

2.移住後に車を購入するメリット・デメリット

次に移住後に車を購入する場合です。

メリット

・移住先で車を買うためにメンテナンス業者を探す必要が無い。

・購入後、車の住所変更などの手続きが必要ない。

・現地に適した中古車などが揃っている(寒冷地仕様など)

デメリット

・移住後、しばらくは車が無いために非常に不便

・住民票等を変更後に車を購入することになるので車を買いたくても中々買えない。

・引越し後のドタバタの中で車を探したりするのでストレスが凄い。

ベル
ベル

移住後の車の購入される場合、納車されるまで車が使えないのが大きなデメリット!
対策としては車が納車されるまでの間に電動自転車や原動機付き自転車を購入するという方法もあります。

新車?中古車?リース?どれを選ぶべき?

移住先で車を買う場合

新車、中古車、リースといった様々な選択肢があります。

ここではそれぞれの違いについて触れていきましょう。

1.新車

2022年の春の情報ですが新車の納期が非常に長いです。

車によって大きく違うのですが2ヶ月~4年と驚きの納期の長さ。

半導体不足などが原因なのか中古車の相場が上がっているので中古を買うメリットが下がっています。なので最近は新車を選ばれる方が多くなっています。

移住後に新車を買うと「納車されるまで車が使えない」を意味するので現実的ではありません。

どうしても新車が良いと言う場合は試乗車上がり等の新古車を選ぶ。また移住前から移住先のディーラーなどに電話などで問い合わせて置くことをおすすめします。

ベル
ベル

新車は長い納期がかかる事が多いので早め早めに動くことが肝心。

2.中古車

新車よりも安く買えるのが中古車の良さ。

ただし、先程も書いたように中古車の相場が上がっています

「あと数十万円足すだけで新車に乗れる」と考えると悩んじゃいますよね。

また、やはり中古なので購入後すぐに故障「保証が1ヶ月しかなかったので有償修理になった」などが起こり得る可能性があります。

ただし、中古車の良さは何と行っても即納ですね。

購入するお店の対応にもよりますが早いところだと購入後2週間前後で車が手に入るといった大きなメリットがあります。

ベル
ベル

即納で安く買えるのが中古車のメリット!
ただし、突然の故障などのリスクも付いてきます。
購入店では保証の確認をしっかりしましょう。

3.カーリース

カーリースは頭金も無しで毎月定額で車を購入できるシステムです。

ただ、カーリースは新車の車をリースするのが一般的な為、契約後の納期に悩まされる事になるでしょう。

また契約年数の途中解約などをすると高額な違約金が請求されるなど良く調べて契約する必要があります。

ただし、リースの良いところは毎月一定の額(例えば毎月2万円とか)を支払うシンプルなシステムな事です。

4月になって自動車税を支払う必要もありませんし、車検やオイル交換なども月々の支払いに含まれている事が多いため家計の計算などがしやすいです。

最近では中古車のカーリースなども扱っている車屋さんもありますので納期でカーリースを諦めている人は移住先で中古車のカーリースが無いか調べてみてはいかがでしょうか?

ベル
ベル

最近、流行りのカーリース。
支払いが非常にシンプルなのですが違約金が発生するため途中解約は実質出来ないと考えておくべきです。

まとめ

現在、住んでいる家に空いている駐車場などがない場合はおそらく移住先で車を買うことになると思います。

なので早めに移住先の車屋さんに電話して色々と相談に乗ってもらうと良いと思いますよ。

また、車を購入後の納車までの間は自転車や原動機付き自転車を購入するなど色々な手段があります(雨や雪が降った時は大変ですが…)

移住先で車が必要な事が分かったらとにかく早め早めに動くのが大切ですよー。

以上です。

おしまいヽ(=´▽`=)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました