beruote

車、バイク、キャンプ好きのおじさん。
過去にバイクでベトナムや台湾を縦断したりしました。
2021年に仕事を辞めて日本一周完了。
車とバイクに関する事を書いています。

beruoteをフォローする

使った感じは?取付工賃は?冬でもバイクに乗ろう!グリップヒーターのススメ

バイク

「グリップヒーターって必要なの?」と思ったことはありませんか?

結論から言うと「冬は絶対にあった方がいい」です。

僕も若い時は「グリップヒーターを付ける事がダサい」なんて思っていた事がありました。

ですが、一度使用してみるともうグリップヒーターの無いバイクで冬に走るなんてもう考えれません。

今回はそんなグリップヒーターについて書いていきます。

スポンサーリンク

グリップヒーターとは

グリップヒーターとはハンドルのグリップにヒーターが内蔵されていて、スイッチを入れると電気の力で段々と暖かくなる装置です。

バイクによっては元から付いているものもあり、BMWなどのツアラー系のバイクには殆ど付いている印象です。

一方でレーサーレプリカや原付などにはあまり装着されていないバイクが多いですね。

後付出来るグリップヒーター色々

後付出来るグリップヒーターには様々な種類があります。

まずはハンドルのグリップをまるまる交換するタイプ

例えばコレ↓

グリップ交換タイプの特徴としては非常にすっきりとした見た目なのが利点ですね。

ただ、交換には少し技術がいるので自分で交換しようと考えている人にはハードルが高いかもしれません。

次はグリップにヒーターだけを巻きつけるタイプですね

例えばコレ↓

巻きつけタイプのメリットとしては装着が簡単で電気配線の知識さえあれば比較的簡単に取付が出来ます。

また、気温が上がって必要がなくなった時に簡単に取り外す事が出来るのも利点です。

デメリットとしては「見た目」ですね。

巻き付けタイプはいかにも後付感が出てしまいます。また、場合によってはグリップヒーターの紐が緩んで来て時々締め上げてやる必要があったりもします。

グリップヒーターの威力

グリップヒーターを使用した事がない人に「グリップヒーターってどんな感じなの?」と聞かれたとしたら僕はこう答えます。

ホットの缶コーヒーを握りしめて走っている感じ

寒い冬の走行でも手のひらはポカポカととても温かいです。

グローブの性能にもよりますが「指先が寒さで痺れる」なんてことが殆どおこりません。

寒さのせいで冬にバイクに乗るのが億劫だったのがグリップヒーターを取り付けると一気にそうでは無くなります。

初めて体験したときは「なんでもっと早く装着しなかったんだろう」と後悔した程です。

グリップヒーターの取付費用は?

プロにバイク屋さんにお願いしたグリップヒーターの取付費用ですがおそらく6000円~16000円ぐらいで取り付けてもらえると思います。

グリップ交換タイプと巻き付けタイプでは工賃が変わってくると思いますので最終的にはバイク屋さんに電話したりして確認してもらってくださいね。

自分で取り付ける場合、+の電源をどこからとるか?なんですがメーカーの推奨はクラクションやブレーキランプのポジション側から取る事を推奨されている事が多いです。

まとめ

個人的にはグリップヒーターをまだ経験したことがない人は是非、取付をオススメします。

寒さを気にせず冬でも大好きなバイクにガンガン乗って色んな場所に繰り出しましょう!

以上です!ヽ(=´▽`=)ノ

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました