beru900r
beru900rをフォローする

プリウスのステアリングスイッチが効かない!購入した30プリウスにオプションのケーブルを取り付け。

クルマ

ナビを交換した後、または最近買ったプリウスのオーディオ側のステアリングスイッチを押しても曲が送れなかったりボリュームを調整出来なかったりしてないですか?

僕もそうだったのですがナビとステアリングスイッチを繋げるケーブルが付いていなかったのが原因でした。

ここではプリウスのステアリングスイッチを効かせるためのケーブルの取付作業を紹介していきます。

ステアリングスイッチが効かない事が発覚

僕が購入した30プリウスにはなぜか50プリウス純正の ”66系のナビ(僕のはNSCD-W66)” が付いていた。

納車後にステアリングスイッチ(オーディオ側)が押しても機能しない事が発覚。

ディーラーに「故障では?」と聞いてみたら「オプションケーブルが付いてないから有償で修理できますよ」との事。

買う前にボタンが効かないなんて説明受けてないんだけどなぁ・・・とモヤモヤしたが怒ってる時間がもったいないので自分でやることにした。

部品が無いと始まらないのでネットで部品を購入

トヨタの純正部品 08606-00110 の互換品との事

このケーブルは車とナビの組み合わせで使用する種類が変わるので注文前にしっかりと調べてくださいね。

ナビの取り外し作業

まずはナビまでのアクセス

シフトのカバーを外す

f:id:beru900r:20200205091848j:image

裏にカプラーが二本あるから抜くの忘れないでね

ボルトはナビに到達するまで一本も無い

内装はがし棒を隙間に差してバリバリはがしていく

次にドリンクホルダー部分をはがす
f:id:beru900r:20200205091857j:image
f:id:beru900r:20200205091911j:image

ドリンクホルダー部分は先に上の細い部分を剥がしてから下のドリンクホルダー部分を持ち上げないと取れない仕組みになってるので気を付けて

次に時計を合わせるスイッチが付いてるカバーを剥がす

f:id:beru900r:20200205092006j:plain

これもカプラーが裏にあるので抜くこと

イグニッションスイッチのカバーを剥がす
f:id:beru900r:20200205091854j:image

もちろんこれにも裏にカプラーあり

f:id:beru900r:20200205091859j:image

で、最後にナビのふちのカバーを外す
f:id:beru900r:20200205091903j:image

これでナビの周りの4本のボルトを抜けばナビは外れるのだが・・・

エアコンパネルに養生をする
f:id:beru900r:20200205091917j:image

これをしないと多分エアコンのディスプレイがズタズタになるはず

ケーブルの取り付け、動作確認

ナビの裏にあるステアリングスイッチの20PINのカプラに買ってきたこいつを刺す
f:id:beru900r:20200205091923j:image

反対の4PINをナビに刺して・・・

ナビを元に戻していくと

f:id:beru900r:20200205091914j:image

よし

ボリューム、音楽送り、モード切替全て動作するのを確認完了

あとは剥がしてきた手順でカバーを戻していく

エンジン始動、ちょっとしたトラブル

最後に念のためにイグニッションONすると・・・

写真には写ってないけど「ハイブリッドシステムチェック」の文字が・・・
f:id:beru900r:20200205091851j:image

慌てないでください。

イグニッションON→OFFを三回繰り返してみてください。

すると3回目には恐らくエラーは消えるはずです。

まとめ

ステアリングスイッチがナビの交換後等に効かなくなった時などは恐らくこのケーブルが付いてない事が原因の可能性が高いです。

逆にいつもはスイッチが効いてるけど走っていると突然効かなくなったとかの場合だとスイッチそのものかナビ側の原因もあるのでケーブルだけを疑わないようにしてくださいね!

おしまい

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました